ご注文は11月30日まで・越前さといもMサイズ容量は3KG と5KG

越前さといもMサイズ 3KGは税込み4000円 5KGは税込み5300円
5,300円(税込)
商品の発送は11月1日からになります。 上庄地区以外の大野市・勝山市で栽培された里芋は「越前さといも」と呼ばれています。基本的な特徴は一緒ですが、上庄さといもに比べて食感がやわらかくもっちりしています。
奥越の里芋は、何百年も昔から越冬用の貯蔵作 物として自給的に栽培されてきました。当地区で 使用されている品種は「大野在来」と呼ばれる奥 越固有の品種であり、肉質が非常に緻密で固くし まっており、煮崩れしにくく、食べるともちもち として独特の歯ざわりを持っているのが特徴です。 また、里芋を用い様々な加工品が販売されてお り、贈答品としても高い評価を得ています。
1 生産概況 \源挫 奥越管内全域で生産されていますが、生産されている地区によりブランド名が異なり、 2種類のブランド名で販売されています。作付面積は奥越全体で約103ha(H29) となっています。 「上庄さといも」:大野市上庄地区で栽培される里芋 ※「上庄さといも」は、平成29年11月10日に国が地域の農林水産物や食品 をブランドとして保護する「地理的表示(GI)保護制度」の対象として登 録されました。 「越前さといも」:奥越管内の大野市上庄地区以外で栽培される里芋
∈惑櫃粒詰 品 種:大野在来 作 型:4〜5月に定植し、10月中旬から11月にかけて収穫 その他:奥越地区では、7〜8月に「子ズイキ刈り」という作業を行っています。手 作業のため手間はかかりますが、この作業によりイモの品質が良くなります。